○2021全国ダウン症アスリート陸上競技記録会 兼 第36回宮崎マスターズ陸上競技選手権大会について(R3.10.20掲載)
 10月24日(日)開催の標記大会タイムテーブル(PDF)の準備ができました。
○日本スプリント学会 第32回大会について(R3.10.18掲載)
 11月27日(土)、28日(日)に宮崎市において、宮崎陸協と宮崎市の共催で
 スプリント学会が対面とオンラインのハイブリッドで開催されます。
 県民公開講座(無料)とシンポジウムに100m日本記録保持者の山縣亮太選手が出席します。
 公開講座の応募については後日発表します。
 標記学会大会運営委員長、串間理事長の挨拶(PDF)と要項(PDF)です。
 県民公開講座以外の参加については11月7日(日)までの申込となっております。
 宿泊要項・申込書はこちら(Excel)です。締切り:11月10日(水)
 詳細は上記バナーをクリックしてください。
○宮崎陸上競技協会会報について(R3.9.15掲載)
 2021年度前期の会報を掲載しました。こちらから
○宮崎陸上競技協会の登録について(R3.9.13掲載)
 本協会の登録及び認知書の取得はこちらから
日本陸連登録料新設に伴う本協会登録料の変更について(R3.4.12)
 日本陸上競技連盟では2021年度より「登録料」を新設することになりましたので、それに伴い本協会の登録料を変更させていただきました(PDF)。
競技会におけるシューズのルールの再改定について(R3.4.4
 競技会で使用できるシューズについてのルールが下記の通り(8月15日付け日本陸上競技連盟からの通知の抜粋)再改訂されました。
 トラック競技については、靴底の厚さが、800m未満の種目では20mm以下、800m以上の種目では25mm以下のシューズが使用できます。
 この厚さを越えるシューズで競技会に参加した場合も、11月30日までは、国内の記録としては公認されます。

  ・WA規則第143条(TR5:シューズ)のルール再改訂について(通知)(PDF
  ・規則第143条(TR5)改訂にかかわるWAからの補足説明(PDF)
WA承認シューズリストPDF ※2021/02/15更新
  ・WA規則第143条(TR5:シューズ)のルール再改訂における日本国内での適用について(PDF
  ・競技会におけるシューズのルールの再改訂について(PDF
  ※WAが承認したシューズリスト(2021/2/15更新)このリストでNOとなっているシューズは、測定結果が範囲内であっても使用不可です。

 【各メーカー】陸上競技シューズのソールの厚さに関して(更新されています  R2.9.23現在)
 800m以上のトラック競技で使用が可能である各メーカーのシューズシリーズについての記載を紹介いたします。
   ミズノ  
https://www.mizuno.jp/track_field/information.aspx
   アシックス  
https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/support/important/2020/a172
競技会における写真・ビデオ等の撮影制限について(R2.7.1掲載)
 標記について、保護者、関係の皆様にご理解とご協力をお願いいたします。詳細はこちら(PDF)からご確認ください。
陸上競技活動再開のガイダンス(日本陸上競技連盟)(R2.6.17掲載)
 日本陸上競技連盟から標記ガイダンスが示されました。右上のバナーをクリックし、内容を確認の上、市郡陸協主催大会におかれましても遵守されるようお願いします。
ナンバーカードの名称・大きさの変更について(R2.3.19掲載)
 2020年度競技規則修改正につきましてご確認ください(PDF
「個人情報保護方針」及び動画撮影及び撮影記録の取り扱い(R1.10.1掲載)
 本協会における「個人情報保護方針(PDF)」及び「動画撮影及び撮影記録(PDF)」の取扱いをまとめましたのでお知らせします。
○アスリートの貧血対処について
 日本陸連より「アスリートの貧血対処7か条」の通達がありました(PDF)。 関係者の皆様は特にご注意ください。
 
○JAAF 倫理に関するガイドラインついて (H30.9.28掲載)
 こちらからご確認ください。
○競技場内における広告・展示物の規則について (H30.3.27掲載)
 こちらからご確認ください。